SSブログ

家からCD棚が消えてなくなる日 [週刊金曜日連載ギャグコラム「ずぼらのブンカ手帳」]

 2008年を占えって、週刊金曜日さん、んなご無体な。あたしゃ記者で易者とちゃいますがな。ほんなこと細木数子に聞いてくださいな。オワリ。

 いかん! これでは御原稿料がもらえん。ますますワーキング・プア化してしまうよう。お許しください将軍様じゃなかった編集長様。自己批判して労働します。

 もとい。それにしてもイケ好かないね、iPodってやつは。ホンマに。どもならんのかね。もう辛抱たまらんわ。

 だって、ものスゴク便利なんだもん。

 使い始めてしばらくして、CDをかけるのが面倒くさくなっている自分に気付いて愕然とした。親の愛に背を向け音楽で人生狂って30余年、こんな便利な再生機はかつてなかった。

 もう手放せない。中毒だ。依存症だ。どーすんだ。

 といいますのは、私事にて恐縮ですが、ずぼらの極みである拙宅は未整理のCD(3000枚を超えたあたりで数えるのを諦めた)が地層をなし渦を巻き、直下型地震来襲のおりにはCDにて圧死または脳挫傷死は必至、ぐわわ、こうなると生存権の問題と■十万円を張り込んでCD棚をずらずらと買い、ようやく安眠できるようになったのです。

 そこへiPod発売。これおもろそうやんけと何も考えずに60GBのでかいヤツを買ったんですな。

 そしたらもう、入るわ入るわ。いま約7000曲入れて、まだ60GBの半分しか使ってない。

 7000曲って、小生のバヤイ、だいたい3週間24時間不眠不休ぶっ通しで聞き続けてまだ終わらない曲数だよ。

 つまり、この手の中に入る小さな機械の中に6週間分の音楽が入るってことじゃん。

 あうう、そうすると、同じiPodを4台か5台買えば(ていうか、もっと容量のでかいiPodが出れば)あの壁一面のCDが全部入ってまうやないか!そういえば、最近CD棚からすっかり足が遠のいている。トホー。

 コラ、■十万円のCD棚どないしてくれんねん、スティーブ・ジョブス!

 いや私怨はさておき、iPodとiTuneってすごく楽しいんですよ。シャッフルかけると、ピストルズの轟音の後にショパンのノクターンが流れ、山崎まさよしの鼻声が続く。まさにジュークボックスですな。

 全世界のインターネットラジオも聞けるから、サンフランシスコのアングラテクノ局なんて愛聴してます。こりゃCDの売れ行きも落ちるし日本のFM局なんか聞かんわなあ。

 む。ちょっと待て。こうして音楽を運ぶかたちが「ディスク」から「データ」になってくると、重大な懸念がひとつ出てくるぞ。

 小生のマックのハードディスクがクラッシュしたら、iPodをトイレ(特にくみ取り式)に落としたら、7000曲のデータが全部パアってことじゃん。

 読者諸兄、こんな経験ありません? PCがクラッシュしてメーラーのアドレス帳が消えてしまい、誰にも連絡が取れなくなって仕事もできず、リストラ対象になった。ありますよね。これと同じことが音楽データにも起こりうる。

 賢い人は「ウエブメール」(ヤフーとかGoogleとか)を併用、アドレス帳をヤフーやGoogle側のサーバーに預けます。

 重要なデータベースは、メインテナンスのユルい個人PCじゃなく、管理のしっかりした会社のサーバーに預けちゃう。これ「パソコンちょっといい話」です。

 と、いうことは。はい、もうお分かりですね。■十万円張り込んでCD棚数台を狭い家に置く必要なんかなくなる。iPod数台もいらん。

 どこかの会社が、管理のしっかりしたサーバーを用意して、そこに音楽データの個人ライブラリーを預かってくれればよいのです。つまり音楽データのウエブメールアドレス帳化ですな。

 ブロードバンド回線さえあれば、音楽を聞きたいと思わば、その個人ライブラリーを呼び出し、送信してもらえばよろしい。おうちの中もすっきりさっぱり、お掃除もラクラク手間いらず。

 おお、なんていいアイディアだ。このビジネスモデル、実行する会社は小生にアイディア料払ってくださいね。CD棚代、回収せなアカンから。

 黙ってやったら訴訟起こすよ。わははは。坊主丸儲けだ。


タグ:iPod CD
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。